シースリー 大宮

 

病院の脱毛は健康保険適用の対象になる?

 

シースリー,大宮,C3,店舗,大宮東口店,場所,行き方,脱毛

 

病院で行われる医療レーザー脱毛は、効果は高いですが費用も高いですよね?
そこで、

 

「病院で行われる脱毛なら健康保険が使えるのではないか?」

 

と考える人もいますが、基本的には使えません。

 

理由は、健康保険は基本的に怪我や病気に対して適用されるものだからです。
自分が納めている健康保険料がキレイになりたいからという理由で脱毛する人に使われていたら納得できないはずです。

 

自分が納めた保険料が他人の怪我や病気に使われることすら良く思っていない人もいるくらいなので、脱毛費用に使われることを了承する人はいないでしょう。

 

 

病院の脱毛で健康保険が適用される場合

 

実は病院の脱毛で健康保険が適用される場合があります。
それは美容目的か整形目的かで健康保険が適用できるかどうかが決まります。

 

医師が正常でない症状や疾患などの健康上の問題を解消するには脱毛施術が必要である、と判断すれば健康保険が適用されることがあります。

 

例えば、患者がムダ毛によるコンプレックスにより、精神状態が不安定になっているなどして、その症状改善のためには脱毛施術が必要であると診断されれば健康保険適用となります。

 

現在、脱毛施術は多くの美容外科クリニックで健康保険が適用されているらしいです。
また、クリニックの中にも健康保険が使えるところと使えないところがあるので、そういう場合はしっかり健康保険が使えるクリニックを選ぶ必要があります。

 

ただし、先にも述べましたが、通常の脱毛施術では基本的に健康保険は適用されません。

 

その他には、多毛症と診断された場合も脱毛施術に健康保険が適用されることがあります。
多毛症とは、女性に多く見られる症状で、体毛が異常に多かったり、体毛が硬くなったりします。

 

多毛症の原因はほとんどの場合が遺伝などの体質によるものと言われています。

 

あとは施術中に引き起こした火傷や肌トラブルの治療に対しても健康保険が適用されます。

 

 

脱毛サロンで脱毛する場合も自腹?

 

脱毛サロンの中には医療機関と提携しているところもありますので、

 

「もしかしたら、健康保険が使えるのではないか?」

 

と考える人もいるようですが、いかなる場合でもシースリーのような脱毛サロンで健康保険が適用されることはありません。
シースリーのような脱毛サロンは民間企業であって、医療機関ではないので、例え多毛症だったとしても健康保険を適用することはできません。

 

シースリーのような脱毛サロンで脱毛する場合の費用は、確実に自腹であるということを覚えておきましょう。